野菜の栄養を効率良く摂取するなら鍋で決まり!

~冬におすすめの鍋紹介~

キムチ鍋と野菜

キムチ鍋に使用されるキムチは生の白菜よりも栄養価がほぼすべて上回っているというデータが出ています。さらに、キムチは発酵食品であるため、乳酸菌がタンパク質や脂肪を分解する働きを手助けしてくれるのです。この事は便秘予防にも役立ちます。さらに腸内善玉菌を増やしてくれるので病原菌から体を守る働きを持っているのです。ここに野菜を加えれば善玉菌のエサとなる食物繊維も摂取できるので、腸内環境を整えるには最高の食材だと言えるでしょう。

その他、キムチ鍋に使われる野菜の中で注目したいのが長ネギです。長ネギは食物繊維だけでなく、ミネラルやビタミンB群、ビタミンC、カロテンなどが豊富に含まれている野菜のひとつです。さらに、緑の部分は緑黄色野菜となっています。人によっては白い部分しか食べないという人もいますが、キムチ鍋には余さず使っていくのがおすすめです。

もしカロリーが気になるという人には、肉無しキムチ鍋がおすすめです。肉を減らした代わりにキムチはその他の野菜を入れることによってボリュームを出します。特にエリンギやエノキなどのキノコ類は歯応えが出ますしキノコ特有の出汁も出るため美味しさもアップします。カロリーも低いのでまさにうってつけの食材なのです。