野菜の栄養を効率良く摂取するなら鍋で決まり!

~冬におすすめの鍋紹介~

野菜の栄養と鍋

その栄養価の高さや食物繊維の多さで食卓に多く上ることが推奨されている野菜。しかし、忙しい現代人にとって野菜を必要な分摂取するというのはなかなかハードルが高いとされています。しかし、調理法を鍋にすることで簡単に野菜を摂取することが出来るのです。では、各鍋にはどんな野菜が良いと言われているのでしょうか。

水炊きに最適だと言われているのがコラーゲンを吸収しやすくなるキャベツやキノコだと言われています。大根おろしを加える事でヘルシーになるだけでなく消化の促進にも繋がります。ミルフィーユ鍋は栄養バランスが良いと言われていますがじゃがいもやニンジンなどの食材を組み合わせる事でより栄養価が高くなります。トマト鍋に使われるトマトのリコピンは加熱することによってさらに栄養価が高くなります。加工用トマトはリコピンがさらに多く含まれるのでおすすめです。もつ鍋はニラのアリシンを効率的に摂取出来ます。脂が気になるという人はシメを控えましょう。キムチ鍋は発酵食品のキムチを使っているので、それと野菜の食物繊維の相乗効果が期待できます。また、肉無しキムチ鍋にする場合にはキノコを使用する事でボリュームが出るだけでなく風味も増すためおすすめです。

野菜を効率的に摂取できる最大の調理法のひとつとして注目される鍋ですが、どのような鍋にどのような野菜が良いのか詳しくご紹介していきます。

《管理人おすすめサイトの紹介》
鍋にすると野菜を手軽に食べられるので、新鮮な野菜をたっぷり使いたいという人も多いのではないでしょうか?こちらの野菜通販サイトでは産地直送で好きな野菜を購入できるので、これから鍋を食べようと考えている人はぜひ見てみてください ≫ 野菜 通販